BLOG

なぜワックスがガラスコーティングよりも塗装保護に適しているのか?

2017-11-04 15.20.33-1

弊店では、現在ガラスコーティングではなく”天然ワックスを使用したボディケア”を推奨しております

 

そのきっかけになった動画と自身の解釈を述べさせて頂けば幸いです

 

https://www.youtube.com/watch?v=oMf3hTIU1jA

※長文注意です※

お暇な方はご覧ください(笑)

動画では、ワックスとガラスコーティング(セラミックコーティング)を

比較しながらそれぞれの特徴についてのべられています。

自身の解釈を含め、動画の内容をご紹介します

動画は、冒頭から結構衝撃的な文面から始まります

ワックスを施工するのと

コーティングを施工するのでは全く違うお話だと。

そもそも比べる対象ではないと言っています

初めにガラスコーティング

ガラスコーティングを施工する意味とは、車を永久的にコーティングする事です。

その施工には、すごく膨大な時間と手間がかかります。

それは新車でも下地処理洗浄から下地処理研磨までまる1日から数日かけて

ガラスコーティングの下地を丁寧に作っていきます。

それだけ手間をかけてえられる効果は、高い艶と

傷に対してワックスを施工した時よりも強い表面構造を手に入れることができます。

持続期間もワックスよりも当然長いでしょう。これは、すごく良いことです。

しかし、ガラスコーティングは様々なコーティングメーカーがあなたに言うような

『キズを防止する能力』はありません。

これが問題の始まりです

数年後、コーティングを施工した車もキズが入ります。

ワックスを施工した時と同じように傷は入らないでしょうが。それでもキズが入ります。

傷がたくさんついて気になったとしてもキズを消す事はできません。

 

傷を消してしまうと同時にコーティングも無くなってしまいますので

コーティングをもう一度掛けなおさなければならないからです。

しかし、ここで大きな問題が

 

それは『コーティングの再施工代金は非常に高額』なのです。

最初にガラスコーティングを施工するのには、膨大な時間と手間がかかるのですが、実は、再施工にはもっと時間と手間がかかってしまいます。だから、当然料金も高額になってしまいます

 

なぜ、このような事が起こるのか?

それは、ガラスコーティングを除去するには、科学的な手法では難しく塗装とガラスコーティングを機械で削って一緒に剥がさなければ完全な除去はできないからなんです。

これがワックスの場合はどうか?
ワックスの場合、再施工は誰でも可能です。

私でもあなたでもディテイラー(プロ)でもカーマニアでも(笑) 簡単に施工できます。

 

誰でも施工・再施工が容易なのがワックスの強みです

例えば、傷が気になればキズを目立たなくするないし、傷を消してワックスを掛けなおす事がいつでも可能。さらにガラスコーティングのように施工の際のリスクも非常に少ないです。

ワックスの強みを別の言葉で言い換えるとコンスタントなメンテナンスが可能という点です

ガラスコーティングの場合は、一度施工すると永久に車を覆う事になります。普段のお手入れは、水洗いのみ。それ以外は何もする必要はありません。水洗いだけのお手入れは、非常に楽なように思えます。

水洗いのみの洗車を継続する中で、車の見た目は徐々に悪くなっていきます。傷や染み、その他汚れがクルマの見た目を悪くさせます。しかし、ご自分ではどうする事もできません。車の見た目を改善するにはコーティングを剥がす必要があり、業者に再施工の依頼をしなければなりません。

コストは非常に高額です。

『極端な話、”悪くなったらそれまで

これがガラスコーティングの特徴です』

ワックスの場合は、どうか?ガラスコーティングと同様徐々に見た目は悪くなるけど、再施工が容易であるため”悪くなっても手直しが簡単” 悪くなってもこまめに修正可能。これがワックスの特徴です。

以上の事から、ガラスコーティングは、新車ですぐに乗り換える方やトラック、営業車、リースしている車など”車を長く乗られない方、すぐにお乗り換えになる方に合っているでしょう

ワックスの場合は、1台の車を大事にお乗りになりたい方やいつまでも大切に乗りたい方、常に良いコンディションでお車を大事に乗りたい方に合っているでしょう。

以上が、動画の内容です。

この動画の内容をざっくり言うと

ワックスでもコーティングでもキズは絶対入ってくるから

後々、オーナーの負担にならないような方法が良いよね?

それは、ワックスなんだよ。なぜなら…。って感じです。

ガラスコーティングの難しい所は、まさにこれなんですね

施工には、膨大な時間がかかる。環境も必要。だから、高額にならざるおえません。

初めからこの事を知っていてガラスコーティングを施工するのなら良いですが、殆どの方は知らない事なんじゃないかなぁと思います。

インフォームドコンセントがなされていたか、どうかが問題ですね。

私がワックスを推奨する理由は、こまめなお手入れが可能であらゆる面で負担が少なくコーティングに比べても能力も遜色がないから なのです。

この点を踏まえて動画をもう一度見ると分かりやすいかもしれません。
(細かい所が間違ってたらすいません(笑))

 

コーティングの耐久性もワックスの耐久性も”車を綺麗に維持できる期間”はあまり大差はありません

であれば、取扱いがしやすいモノがベターな選択肢のはず

 

ここまでお読みいただきましてありがとうございます

 

カーコーティング専門店glass 川上 亮平

 

Category: 更新日:2018.04.28