BLOG

新年のご挨拶と新規コーティングの受付につきまして

新年あけましておめでとうございます

 

本年度もよろしくお願い致します

 

現在、弊店では”新規のコーティング受付を中止しております。車の美観維持や塗装保護、洗車などのご質問などはお受付致しておりますのでお気軽にご連絡くださいませ。

 

はてさて、2018年も始まって5日経ちましたがなかなか正月のまったり感が抜けきらない川上です。(笑)

 

日々、車を綺麗に維持するにはどうすればいいんだろうなぁ~。もっと簡単にならんものか。水洗いだけでキレイに維持できたら最高なんだけどなぁ~などと妄想している私ですが。なかなか、それらの実現は難しいのが実情であります。

その理由は、水染みと酸性クレーターであります。実は、水染みや酸性クレーターはその発生過程を知る事で防ぐ事は難しいというか不可能に近い事が分かります。塗装表面の濡れ性やシミが出来る過程を文献やネット等でざっくりと調べるだけで簡単に理解することができます。

coffee ring effect
https://youtu.be/ZaCGoSTMHyc

この動画は、シミができる過程をマイクロスコープで撮影した動画です。身近で簡単にできる実験では、コーヒーを1滴机の上などに垂らしてしばらくすると中心面よりも外側の方が色が濃くなる現象を確認することができます。これは、コーヒーなどの水溶液が乾くときにその粒子は、外側に集まり固着する流れが見て確認することができます。この際、全ての粒子が外側にいくわけではなく少なからず円の中に残ります。スケール除去をした際のスッキリ感は、内と外のスケール膜を除去できたから得られるものだろうと推測することができますね。

この動画から分かる簡単な解決策としては、雨などで車体が濡れた場合

”車体が乾く前に洗車をする or 乾く前に完全に水気を拭きあげる”を毎回できれば一生シミとは無縁という事になりますが…
できそうですか?(笑)

私は、できない方の方が圧倒的に多いため”シミは必ずできてしまうからこまめに除去しましょう。その発生を遅らせるために適時洗車をしましょう。”とお伝えしております。車を綺麗にする方法は、簡単なのですが実行するのは簡単ではないのかもしれませんね。

 

自身が知りえた情報や知見で車を綺麗に維持したい方のお役に立てれば良いのですが、難しい所もあるかと思いますので、疑問、質問などあればお気軽にご相談くださいね。

川上 亮平

 

2017-12-31 10.57.12

Category: 更新日:2018.01.05