BLOG

泡をかけて洗車をしない方がボディには優しい訳

当店は、ガソリンスタンドや専門店で当たり前のように行われている”泡をかけてムートンで洗う”泡洗車”をしません。その理由を書かせて頂けばと思います。
※泡洗車を否定しているのではありません。

以前は、泡をかけて車を洗車しておりました。実際に福岡まで泡洗車の講習を受けに行き、”手洗い洗車の資格”も一応持っています。(笑) そんな私が泡洗車をしなくなった理由を書かせて頂きます。

理由は3つ。
1:泡をかけると急いで洗わなければならない
2:泡で塗装面(汚れ)が見えない
3:シャンプーダメージを誘発しやすい

1:泡をかけると急いで洗わなければならない
泡をかけてムートングローブ等で洗車をする際、泡は重力によって落ちてしまいます。せっかく車を泡でモコモコにしたのに流れてしまっては勿体ない…と必然的に洗車を急いで行わなければなりません。急ぐ事で起こる弊害として『洗い残し』や『洗車キズの原因』になってしまうのです。

2:泡で塗装面(汚れ)が見えない
泡をかけてしまうと塗装面が本当に見えない(見えづらい)状態になります。例えば、大きい砂粒や塗装面に付いていたとしてもそれに気づくことができず”洗車キズ付けてしまうリスクが高まります” また、洗い残しにも気付く事ができないため”汚れたまま次の工程に移る事になってしまいます”

3:シャンプーダメージを誘発しやすい
泡を作る際、機械の中でシャンプー液を作るわけですが”ガソリンスタンドなどで使用されるような泡を作るには、必然的にシャンプーの濃度を高くする必要があります。濃度の高いシャンプー成分は、塗装面に残留しやすくそれが染みの原因になってしまいます。また、水分量の少ない泡は、乾きが早くシャンプー染みを誘発しやすい傾向があります。 また、きちんとシャンプー成分を流すためにはそれなりの時間車に水を流し続ける必要があります。泡洗車をサービスとして提供しておられるお店の殆どが”濯ぎ不足”になっています。

以上が、私が泡洗車を辞めた理由です。最初にも申し上げましたが、泡洗車が楽しくてそれが洗車をする楽しみになっている人はそれでokだと思います。洗車のやり方は人それぞれですから。 泡洗車をする中で上記の3つのポイントを抑えつつリスクを減らしていくような洗車方法を構築していけばいいだけですので。

一般的にガソリンスタンドで行われている泡洗車は、私からするととても危険な洗車方法だと言わざるおえません。ガソリンスタンドに洗車を頼まれれる方は”よく濯いでください!”とお願いすることをオススメしたいですね。

昨日、宮崎で年間何千台もカーコーティングを施工されているガソリンスタンド様で手洗い洗車をしてもらった時にとった写真をのせておきます。プロと呼ばれているお店でも泡の濯ぎ不足を起こしてしまうのです。シャンプーと水が混じった水溶液が乾くと”とんでもなく強烈な染み”になってしまいますので本当に注意が必要です。ちなみに、仕上げには染みのできない”純水”を使用されておりましたが、染みが出来てしまっておりました。^^;

 

2018-04-26 16.04.31 2018-04-26 17.08.43 HDR 2018-04-26 17.13.10-1

 

今日も一日お疲れ様でした。 

 

カーコーティング専門店glass 川上 亮平

Category: 更新日:2018.05.02