BLOG

洗車キズが多く付く原因とは?

DSC01503

 

一般的に洗車キズが多く入る原因は、洗車方法であると考えられております

 

その証拠に手洗い洗車が1番良い、機械洗車機はキズが入るから悪いなどの論議が

 

インターネット上でも盛んに行われております

 

大体、専門店・ディーラーなどでオススメされるのは手洗い洗車でしょう

 

弊店でメンテさせて頂いておりますお客様は手洗い洗車のみで管理されている方だけではありません

 

機械洗車機をご利用の方もいらっしゃいます

 

しかし、一般的に機械洗車機を利用されるお客様よりも洗車キズはそれほど多くはありません

 

むしろ、単純に「手洗い洗車をしてください」と言われた他社コーティング施工車よりも

 

ずっと状態が良い

 

それは、なぜでしょう…?

 

機械洗車機の種類、予備洗浄ができるか否か、もともとの塗装強度、塗装色、洗車頻度、駐車環境など

 

様々に影響する要因がありますが、それらのポイントはふきあげのやり方にあるのではないかと考えます

 

つまり、洗車キズが1番多く入るタイミングは、拭き上げの時なのでは…?という意見です

 

この仮説を元に、以下に当店なりの対策を書かせて頂ければと思います

 

一般的に、機械洗車機を利用する場合は備え付けのタオルで拭く方も多いかと思いますが

 

キズを気にされるのであれば

 

柔らかく吸水性の良いマイクロファイバークロスの使用をオススメ致します

 

ふきあげのポイントとしては

 

絶対に乾拭きしない。

ふきあげる時は、タオルを一度水を吸わせて硬く絞ってから使用する。

 

ゴシゴシふかない。かるーくなで拭きする

 

基本、一か所一回拭きを心掛ける。

 

汚れたらタオル面を変える。または、タオルを水道水で洗う。

 

虫などの汚れは、一度水気を拭き上げてから後でじっくり除去する

 

などなど、拭き上げ一つにしてもこれだけ注意すべきポイントがあります

 

環境や天気なども含めれば時間帯なども気を付ける必要がありますね

 

洗車の数ある工程の中の”拭き上げ”だけでこれだけ気を付けるべきポイントが

 

あるんです。洗車って水かけて洗うだけ…っと思われがちですが

 

意外と奥が深いんです

 

参考になるポイントがございましたら幸いでございます

 

ありがとうございます

Category: 更新日:2017.07.18